TEL
MENU

Blog記事一覧 > 健康コラム,腰痛 > 雨が降ると腰が痛~い!低気圧と腰痛の意外な関係 前橋市浅香はりきゅう整骨院

雨が降ると腰が痛~い!低気圧と腰痛の意外な関係 前橋市浅香はりきゅう整骨院

2017.10.30 | Category: 健康コラム,腰痛

こんにちは!!
本日も群馬県前橋市、高崎市近隣より
交通事故によるケガの治療
腰痛、しびれ、坐骨神経痛
スポーツでの骨折捻挫肉離れ
巻き爪による痛みや変形で悩まれている
多くの患者様にご来院いただいております。
群馬県前橋市 浅香はりきゅう整骨院です!!
今年の秋は本当に雨が多いですね!
22日~23日にかけて群馬県では台風21号が接近し
29日夜には台風22号が関東に接近するため、29日は朝からずっと雨。
雨足が強い時間帯もあって外出が
憂鬱になるような天気でした。

 

こんな雨の日やお天気が荒れる日に

 

「頭痛がひどくて体が重い…」
「慢性の腰痛が悪化して…」
「肩こりがひどくなった」
「ひざが痛む」

と感じる方が多くいらっしゃいます。
こういった症状は「気象病(気候病)」といわれ
近年増加傾向にある症状だそうです。

なぜ雨の日に頭痛や腰痛などの症状が
重くなるかというと…

 

原因は、ずばり気圧です!

 

雨の日やお天気が悪くなる=気圧が低くなるんですが
この気圧の変化に体が付いていけず、気象病が起こるといわれています。

 

私たちの耳の中には気圧の変化を感じる場所があります。
飛行機に乗っているときや、水中、エレベーターに乗っているときに
耳がキーンとなりますよね。これも気圧の変化のためです。

 

気圧が下がるとこの部分が敏感に反応し、自律神経系の
「交感神経」の働きが活発化します。

 

交感神経は「強い痛みを感じたときに活発化」しますが、
その逆の、「気圧の乱れによって交感神経が活発化することで
痛みを感じるようになったり具合が悪くなる」ということだそうです。

また、気圧の低下によって人体にかかる圧力が下がり、
血管は押される力が弱くなるので拡張されます。
この押される力が弱くなると血液を押し流すための力が
弱くなるということで、血流が悪くなるといわれています。

血流が悪くなると血液の中の痛みや炎症の原因となる
疲労物質がとどまりやすくなるため、痛みを
感じるようになるといったこともあるようです。

憂鬱な雨の日、腰がやひざが痛い…
そんな時、出来る対策は

 

ゆっくりとリラックスして、体を温めて過ごしてみて下さい。
リラックスすることで交感神経の働きが緩やかになり
また、体を温めることで血流も良くなり
痛みが和らいでくれますよ。

 

 

 

群馬県前橋市の皆様の腰痛坐骨神経痛、しびれ
群馬県前橋市の巻き爪のケア、群馬県前橋市のスポーツ障害、群馬県前橋市のむちうち
群馬県前橋市の交通事故の後遺症などでお悩みの方
群馬県前橋市のインソールの作成など、
群馬県前橋市浅香はりきゅう整骨院までぜひご相談・ご来院ください。
群馬県・前橋市・高崎市・安中市・伊勢崎市・渋川市・沼田市・藤岡市からも
ご来院いただいております。
フットケア巻き爪ケア眼のケア筋トレ交通事故治療スポーツ外傷など
ご予約、ご相談、お問い合わせはTEL 027-289-9810

治療の流れ

1. 専用の問診室にて問診・検査

2. 治療計画のご提案

3. 治療

4. 身体のチェック(痛みが軽減されたかを確認)

5. お会計

当院へのアクセス情報

所在地〒371-0022 群馬県前橋市千代田町1-11-16
駐車場14台あり
電話番号027-289-9810
予約お電話のみのご予約が可能です。
休診日日曜日・祝日(※完全予約診療のみ行っております)

Facebookを始めましたので『いいね』をお願い致します。