紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

脊柱管狭窄症について | 浅香はりきゅう整骨院│前橋市・高崎市

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > > 脊柱管狭窄症について

脊柱管狭窄症について

2018.06.15 | Category:

こんにちは、浅香はりきゅう整骨院の院長の浅香です!本日はあいにくの雨ですね!

しかし恵の雨でもあります(^-^) とらえ方しだいですね(^^)

先日から止まっていた当院のパソコンはお預かりしていただくことになりました。

一週間後にご対面です(笑)帰ってくるのを楽しみに待っています。人間も機会も

メンテナンスは大切だと感じました!

さて本題に入ります!本日は脊柱管狭窄症について書きたいと思います!最後まで読んでいただけると嬉しいです!

 

腰痛でこんな症状でお困りでないですか?

 

1.朝おきると腰が痛くて動き出すのがとてもつらい

 

2.脊柱管狭窄症と病院で診断されたが病院では電気とシップと飲み薬のみでなかなか良くならない

 

3.足にしびれや痛みがでて15以上歩けない

 

4.痛みがこのまま続くと日常生活が不安

 

もし上記の内容でお困りでしたら一度お問い合わせください

 

(効果には個人差があります)

 

(効果には個人差があります)

 

スタッフ一同真心を込めて対応させていただきます。

 

脊柱管狭窄症とは?

まず脊柱管狭窄症について書きたいと思います!脊柱管狭窄症とは脊柱管(背骨の中の

空洞)が狭くなりそこを通る神経が圧迫られてしまい腰の痛み足のしびれや痛み感覚障

害が引き起こされます50代から徐々に増え始めて年齢が上がるにつれて脊柱管狭窄

症は多くなります。それは神経の通り道である脊柱管が加齢とともに段々と狭くなる

という生体の構造にもとずいています。そのため年齢が上がるにつれて症状があらわ

れやすくなるのです。厳密にいうと総称で脊柱管を狭くする理由はすべて脊柱管狭窄

症といいます。

年齢によるものならば打つ手はないのではないか?

そう思われる方も多いと思います。年齢とともに脊柱管が狭くなってしまうのは事実

です。しかし脊柱に負担がかからないように施術で体のバランスを整えたり、体のバ

ランスを維持する筋肉を鍛えたり神経が刺激されにくくなるような栄養管理をしたり

などどやれることは沢山あります。

当院はお客様が家でもセルフケアができるようになるべく栄養指導や運動指導をさせ

ていただいています。

お客様が施術院をしっかりと卒業できるようにするのが目標です!そのためにお客様

と一緒に治して行きましょう、ともに歩んで治していけたらなと常思っててい

ます。

そのためにはお客様がご通院しやすいような雰囲気づくりにも当院はこころがけてい

ます。

当院には1時間2時間3時間とご通院に時間をかけてきてくださるお客様が多く、

そのお客様の期待に応えて行けるよう日々勉強、日々精進して謙虚な姿勢で誠心誠意

丁寧に取り組んでいけたらと思います!

本日も最後までブログを読んで頂き誠にありがとうございます!