紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

Q:捻挫をしてしまったときどうすればいいの?A:浅香はりきゅう整骨院にお任せください! | 前橋市・高崎市・渋川市・伊勢崎市 浅香はりきゅう整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 捻挫,足関節の強い捻挫 > Q:捻挫をしてしまったときどうすればいいの?A:浅香はりきゅう整骨院にお任せください!

Q:捻挫をしてしまったときどうすればいいの?A:浅香はりきゅう整骨院にお任せください!

2018.08.02 | Category: 捻挫,足関節の強い捻挫

こんにちは!!
本日も群馬県前橋市、高崎市近隣より
交通事故によるケガの施術
腰痛、しびれ、坐骨神経痛
スポーツでの骨折捻挫肉離れ
巻き爪による痛みや変形で悩まれている
多くのお客様にご来院いただいております。
群馬県前橋市 浅香はりきゅう整骨院です!!


こんにちは!今日も暑いですね!と毎日言っていますが

今日も言わせてください…暑いですね!

前橋では39度の予報だそうです。

今年の暑さ半端ないですね…!

熱中症に十分警戒してください!

 

先日ママ友さんが足を引きずっていて、聞くと

階段を踏み外して捻挫をされたそうです。

固定はしているものの歩くのも辛そうで、でも小さいお子様がいるので

動かざるを得なくて…ととても大変そうでした。

 

捻挫は、スポーツ中、階段を踏み外した、ヒールの高い靴で歩いていてくじいた、

転んでしまったなどいろいろな状況があります。

多くの方が経験されているケガの一つかと思います。

今日はそんな捻挫についてのお話です!

 

捻挫とは?

骨と骨をつないでいる関節に力が加わって起こる

靭帯や腱、軟骨のケガのことで、

骨折や脱臼などレントゲンに映るようなケガ以外の

関節のケガが捻挫になります。

 

お問い合わせいただく中でも、

「レントゲン撮ったけど骨に異常がなくて痛み止めと湿布だけ出た」

「レントゲンでは異常がないんだけど痛くて…」

というものが多くあります。

 

レントゲンには異常がないんだけどなぁと首をひねる

お客様もいらっしゃいますが、それが捻挫です。

レントゲンには靭帯や腱の組織は映らないんです。

 

靭帯や腱の状態が映る検査は「MRI」という検査になります

このMRI検査は費用も高いので軽度や中度の捻挫では

あまり用いられないそうです。

 

捻挫というと手首や足首のイメージが強いかもしれませんが、

関節や靭帯、腱に起こるケガなので、手首や足首以外のどの関節でも

起こるケガなんです。

 

捻挫ってどんな症状がでるの?

捻挫が軽度なのか重度なのかにもよって痛みの程度が違いますが

捻挫をしたときは、いためた患部のはれや痛みがでます。

捻挫は大きく分けて3つの段階があります。

 

Ⅰ度損傷 靭帯が一時的に伸びた状態で、外くるぶしに痛みと腫れがでる、

軽度の捻挫になります。

Ⅱ度損傷 靭帯の一部が損傷して、外くるぶしに痛みと腫れが出て内出血が

みられる中度の捻挫になります。

Ⅲ度損傷 靭帯が断裂して、外くるぶしと内くるぶしに痛みと腫れが出て

内出血がみられる重度の捻挫になります。

 

靭帯の中には痛みを感じにくいものもあるんです。

歩けるから、動けるから、そのうち治るから大丈夫だろうと

考えないで、必ず受診して適切な処置を受けてください!

 

捻挫を放置するとどうなるの?

捻挫を大したことがないけがと思って放置すると

いずれ関節が変形し、正しい形に戻らなくなる

変形性関節症などの症状になることもあります。

変形した関節の状態ではひざや腰にも大きな負担がかかるため

膝痛や腰痛などの原因にもなっていきます。

 

捻挫をしたときはどうすればいいの?

大事なのは最初の処置、安静、冷却、圧迫、挙上(きょじょう)です。

これはRICEと呼ばれている応急処置の原則になります。

Rest(安静)

Icing(冷却)

Compression(圧迫)

Elevation(挙上)

それぞれの頭文字をとってRICEです。

 

痛めたらすぐにこの応急処置を行うことがとても大切です。

足首の捻挫を例にとって処置の流れを書きますと

痛めた足首を使わないように、松葉杖を用いるなどで休める場所に移動し

流水や氷水で患部をよく冷やしてください。

この時氷嚢などを当てるときは同じ場所に長時間当てたままですと

皮膚に負担がかかりますので、最低でも20分に1度は冷やすのをお休みしてください。

その後、包帯やテープなどで足首と足を圧迫固定をしていきます。

そして足首の位置をできるだけ高く保ってください。

これはあくまでも応急処置のやり方ですので、このまま放置せず

ぜひ浅香はりきゅう整骨院 TEL 027-289-9810 にお電話の上ご来院ください!

 

捻挫をした時浅香はりきゅう整骨院ではどういう処置をするの?

・Ⅰ度損傷の軽度の捻挫ですと包帯固定やサポーター、テーピングでの固定をいたします。

・Ⅱ度損傷以上の捻挫ですと浅香はりきゅう整骨院ではギプス固定による施術をしております。

捻挫は包帯固定でも治りますが、より早くより良く治すには短期集中でしっかり固定できる

ギプス固定がおすすめです。

Ⅱ度損傷以上の捻挫で

『少しの制限期間を我慢して患部を綺麗により早く治したい』

とお考えの方にはギプスが良いです。

 

捻挫の場合は固定+歩くができるキャストヒール付きのギプス固定をいたします。

キャストヒールを付けることによりギブス固定中も足を着いて歩行することができます。

(素足に比べ不安定ですので松葉杖はお貸しいたします)

ギプス固定中も足を着いて歩くことで

筋力低下予防靭帯強度を上げることにつながります。

キャストヒール付きのギプスってなに?と思った方もいるかもしれませんね。

写真で見ていただいたほうがわかりやすいかと思います。

こちらです!

↓    ↓    ↓

かかと部分に黒いものが映ってますね。

こちらがキャストヒールになります。

これがあることで、かかとをつけて歩くことができるんです。

ギプス固定で思い浮かぶイメージって、

松葉づえをついて、ギプスの足は浮かせるようにして歩いている…

という一種のテンプレートのようなイメージがあるかと思います。

ですがキャストヒールがあると足をついて歩くことができるんです。

ほら、こんな風に…

↓  ↓  ↓

 

ギプスと聞くと「そこまではちょっと…」とか

「嫌だ」とおっしゃる方も少なくありませんが、

メリットもたくさんあります。

ギプスをしていただくと、しなかったときに比べて

足が安定しますので痛みが軽減されます。

 

それまで足を着くことが全くできなかった方でも、

キャストヒール付きギプスを着いて歩くことができます

このキャストヒール付きのギプスを実際利用された方は

足をついて歩けるのでとても楽だった

しっかり固定されてるからか痛みが少なくて過ごしやすかったと

大変ご好評をいただいています。

 

捻挫をしてしまったママ友さんは固定用のサポーターだけでしたが

歩行が安定せず、歩くのも顔をしかめていて痛そうでした。

 

 

捻挫をしっかり綺麗に治すには最初の怪我の最初の処置が大切です。

 

この最初の段階でしっかり治さないと

繰り返し捻挫をしやすくなってしまったり、

キレイに治らず靭帯にゆるみが出たままとなってしまいます。

 

 

症状の状態にもよりますが、ギプスがどうしてもいやだというお客様にはしっかりと

テープや包帯での固定を行わせていただきます!

お客様の希望を伺いながらお客様に合った施術を提案させていただきます。

 

また、ケガをしてから時間が経ってしまった捻挫に関しても状態に合わせて施術させていただきます。

捻挫をしてしまったときは、浅香はりきゅう整骨院にぜひご相談ください!

 


腰痛、ヘルニア、坐骨神経痛やしびれ、自律神経失調症、

スポーツのケガ、交通事故のケガの施術、むち打ち、巻き爪ケアなど、

お体の悩みはぜひ浅香はりきゅう整骨院にご相談ください!

 

〜全ての人に真心を〜お客様の人生を見る

 

怪我の一部分を見るのではなくお客様の人生そのものを

見ていけるようにという思いで、全力で施術させていただいております!

ご予約、ご相談、お問い合わせはTEL 027-289-9810

〒371-0021
群馬県前橋市千代田町1-11-16
浅香はりきゅう整骨院
駐車場14台完備!