紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

腰椎すべり症 | 前橋市・高崎市・渋川市・伊勢崎市 浅香はりきゅう整骨院

お問い合わせはこちら

腰椎すべり症

このようなお悩みの方は、前橋市・高崎市・渋川市・伊勢崎市の浅香はりきゅう整骨院までお越しください。

・腰を後ろに反らすと痛みが強くなる
・同じ姿勢を続けると腰が重くなる
・長時間立っていると腰に鈍い痛みがでる
・前かがみになると腰からお尻に突っ張った感じがでる
・足に痛みやしびれの症状が出る
・数十分歩くと足がしびれ、休むと歩けるようになる
・頻尿や残尿感で困っている
・便秘になりやすい

これらの症状がある方は、すぐに前橋市・高崎市・渋川市・伊勢崎市の浅香はりきゅう整骨院にご相談下さい。

なぜ腰椎すべり症が起きるのか?

腰椎すべり症は腰椎分離症が移行したものと捉えられています。すべり症は腰椎が前後どちらかにすべる(ズレる)ことで様々な症状を引き起こし、分離症の二次的な症状となるため同じ症状だと勘違いされてしまいますが本来は別の症状です。

腰椎すべり症は腰椎分離症から移行する場合や、老化による骨の変形、生まれつき椎弓部の発育不全、ケガなどで発症する、悪性膿腫や感染などで骨が破壊されるなど様々な原因で起こります。

注意!腰椎すべり症の裏に隠れている病気

腰椎すべり症では腰に痛みやしびれ、はり、不快感などがあらわれますが、内臓疲労が関係して腰に何かしらの症状があらわれる場合もあります。腰と関係が深い肝臓や腎臓の機能が低下している場合は、腰痛などの他にも頻尿や浮腫、解毒作用低下、説生産低下、代謝低下などを招くため、早目に適切な処置を受けることが大切です。